カテゴリー別アーカイブ: お参り

椎尾八幡宮

しいのおはちまんぐう読みます

岩国の錦帯橋より500メートルくらい、すぐ近くです

1626年に岩国藩主吉川広正によって建立された神社です

錦帯橋マラソンの時に車で前を通るんだけど

階段が急で本殿は見えず

階段途中の赤い建物は社殿ではありません

いつも前を通り過ぎるだけでした

今回訪れた神社の中で、一番気持ちよかった

古くて、建物の整備も余りされていないようでしたが

空気感が半端なく締まる

 

 

御集印を書いて下さった宮司さんが

気楽に色々とお話しをして下さいました

こういう対応も、その神社を感じる空気感の一つとなります

こんな狛犬様がいらっしゃった

【足をなでて下さい。足が楽になります】って

母と二人、足をなでまくり~

神社の境内から、遠く岩国城が見えました

又、参拝したい神社です

 

白崎八幡宮

白蛇神社を後にして車で5分

白崎八幡宮へやって来ました

ネットで調べて初めて知った神社です

1250年鎌倉中期に建てられ、創建750年以上にもなる古い八幡宮さま

 

 

おみくじや御神水とか色んな仕掛けがありました

このお水は持ち帰りOKでしたので

手持ちのペットボトルに頂きました

柔らかい、優しいお水でした

ただ

私にはねー

ちょっと、清い風を感じられなかった

相性が、

波動が

合わなかったんだと思います

 

岩国白蛇神社

その日は9月だというのに朝から真夏のような青空が広がってました

岩国へ神社参りに出かけました

年に何度か岩国を訪れるけど

目的はマラソン大会で

神社にお参りをしたことはありませんでした

まず訪れたのがこちら

白蛇神社です

 

 

 

 

 

岩国と言ったら白蛇よね

至る所にお蛇様がいらっしゃいます

駐車場からの階段

手水場

おみくじも白蛇様でした

 

 

 

 

 

 

静かで、ゆっくりとお参りをする事が出来ました

気持ちの良い神社です

 

 

愚痴聞き地蔵と三面大黒

大願寺さんのお参りを終えて

久しぶりに大聖院さんに足を伸ばしました

雨のお陰か、参拝の人は少なめ

こんなお地蔵様がいらっしゃったの~~😄

愚痴聞き地蔵って

大きな耳で愚痴を聞いて、

左手の袋の中にしまっちゃうのでしょうか

もぅ沢山聞いて~って感じ

お隣には、三面大黒様

3つの表情をしていらっしゃいます

思わず笑顔になれた大聖院さんのお参りとなりました

 

9月のはじまり

9月の始まりは日曜日でした

朝から雨の9月1日

いつものように宮島大願寺さんへ朔日参りでスタートです

宮島の雄鹿の角は立派になりつつあります

10月頃に切るのよね

午後からは雨も上がって

ノンビリとした雰囲気の朔日参りとなりました

 

物部神社

朝からしとしとと小雨のその日

島根県太田市にある物部神社へ参拝です

ずーっと以前から

【物部神社こっち】って看板は見てたんです

ホント、ずーっと昔から

出雲に行くのに松江道が出来るずっと以前から

もうかれこれ30年以上前から看板は知っていました

満を持してのお参りです

石見国一宮 物部神社だそうです
😊なぜか吉田君がご案内

御祭神は宇摩志麻遅命 うましまじのみこと

無知な私はこの神様のお名前を初めて伺いました

神職の始めを為す神様で

占い・まじない・祈祷の神の信仰も厚い神様だそうです

物部氏は神武天皇より前にヤマトに入った古代日本の氏族と言われています

学生の時に歴史の教科書に載っていた名前だもの

聞いたことあります~

宇摩志麻遅命は物部氏の御祖神なんだそうです

こんなに立派で由緒正しい神社を今まで素通りしていたなんて

ホント知らないって恐いわぁ

 

美保神社

その日は晴天

雲一つない夏の一日

島根県松江市の美保神社へお参りに・・・

昨年の10月以来です

御祭神は三穂津姫命 みほつひめのみこと

このお姫様は大国主命のお后様で、

高天原より稲穂を持って来られて耕作を導かれた方

農業と子孫繁栄の神様です

もう一体は事代主神 ことしろぬしのかみ

大国主命の第一王子で【えびすさま】の事です

漁業・商業を始め生業の守り神として信仰されています

ここは全国にあるえびす社3385社の総本山

神社もゆったりと広くてどっしりした構えです

古来よりえびす様は鳴り物がお好きと言われているので

沢山の楽器も奉納されています

昔から島根では出雲大社と美保神社の両国参りをすると

願いが叶いやすいと言われていたらしいです

(昨年10月に美保神社に参拝したときに初めて知りました(笑))

6月に出雲大社に参拝をしたので

この度は美保神社です

順番は出雲大社→美保神社の順番

出雲大社は大黒様が祭られて、美保神社はその妻と子供が祭られているからですね

いつから始まったか分からないこの両国参りですが

私は美保神社に来ると、気持ちがストンって落ち着くので

参拝したいから来るって感じね

 

こちらが拝殿

前回に来たときは結婚式の準備が整えられていました

床が石畳で、真ん中だけ一段高くなって簾が敷かれています

船庫をイメージした独特な造りで壁はありません

開放感いっぱいのこの拝殿

ごろんって横になったら気持ちいいだろうなー